「すべて」の講師一覧

34 件の講師がいます。[1-10] を表示

次の 10 件>

講師の概要 主な講演内容

佐伯 美香佐伯 美香(さいき みか)

アスリート【元ビーチバレー日本代表】

バレーボール日本代表としてアトランタ五輪に参戦後、ビーチバレーに転向、シドニー五輪で4位入賞を果たし、結婚・出産を経験し現役復帰。北京五輪代表として活躍。各種講演、解説、後進指導で活躍中。

  • 夢をあきらめない!
  • 夢を叶える!
  • バレー人生で学んだこと
  • 夢を持てる子どもの育て方

土田 和歌子土田 和歌子(つちだ わかこ)

アスリート【車椅子ランナー】

高校で車いす生活になり、アイスレッジで4つのメダルを獲得。陸上へ転向後はシドニーパラリンピックで銅メダル、アテネ大会では5000mで金、マラソンで銅メダルを獲得。東京マラソン3連覇へ!

  • 明日へ向かって!
  • 夢を持てる子供の育て方

飯田 覚士飯田 覚士(いいだ さとし)

指導者【ボクシング指導者】

愛知県名古屋市出身の元プロボクサー。WBA世界スーパー・フライ級王者に輝いた。岐阜経済大学経済学部在学中、バラエティ番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の企画「ボクシング予備校」に参加。甘いマスクで人気を博す。

  • 世界ボクシングチャンピオンから学ぶ成功哲学
  • 子供達のためのビジョントレーニング

岡本 依子岡本 依子(おかもと よりこ)

アスリート【テコンドー指導者】

大学3年時、交換留学先・オレゴン大学でテコンドー道場に入門。シドニー、アテネ、北京とオリンピック3大会に出場し、シドニー大会女子67kg級にて、テコンドー競技の日本人初となる銅メダルを獲得。そのほか、アジア選手権、ワールドカップなど入賞多数。現在は同競技指導者を目指す。

  • 夢はかなう

小倉 勉小倉 勉(おぐら つとむ)

指導者【U-22日本代表コーチ(ロンドンオリンピック)】

教員の経験から、サッカー協会の強化担当を長らく歴任。各世代のアシスタントコーチを経験し、2009年より、岡田JAPANのアシスタントコーチとして、ワールドカップへ参戦。サッカー界屈指の育成・強化の達人!

  • ENJOY:今こそひとつに!
  • 長所から入れ!

中村 希実中村 希実(なかむら のぞみ)

トレーナー【脚線美脚師】

航空会社でグランドホステスとして勤務後、アメリカLAへ留学。滞在中、軽鬱をウォーキングにより解消し、心と身体の繋がりを実感。帰国後ウォーキング、ピラティスインストラクター資格を取得。日本発の美脚系コアトレ、『脚線整美エクササイズ』により積年の悩みであった出尻、太ももの張りを解消。現在は主に横浜で、下半身の形や不良姿勢で悩む女性達に、美脚と姿勢美人を作るエクササイズを指導している。

  • 歪みを解消して美脚を作る方法
  • コンプレックスは宝物

浅見 ますみ浅見 ますみ(あさみ ますみ)

トレーナー【ライフフィットネスコーディネーター】

ライフフィットネスコーディネーターとして新たなコンセプトを掲げ、トップアスリートからモデルまで幅広い指導経験をもつ。ボディビル・エアロビクス競技者としての経験を積み、現在グループやパーソナルを中心とした運動指導のほか、学校・企業・団体等を対象とする運動啓蒙のイベントや講演会でも活躍中。プライベートでは双子の母。

  • 骨盤と股関節で健康に!女性のゆがみ解消
  • アスリートコアコンディショニング(現代のアスリートに必要なものは何か)
  • キッズコアコンディショニング(子供たちの可能性を広げ。未来につなげよう)

本橋 恵美本橋 恵美(もとはし えみ)

トレーナー【ライフフィットネスコーディネーター】

アスリートへのピラティス指導やアンチエイジング・メタボリックアドバイザーとして活躍。フリーランスでピラティス・ヨガを中心にプロ野球・陸上競技・ラグビー日本代表などトップアスリートへ指導。パーソナルトレーナーとして活動中。また全国にて健康セミナー・コーチングセミナー開催。

  • (講演テーマ)

昼田 宗昭昼田 宗昭(ひるた むねあき)

指導者【サッカー指導者、東京ヴェルディGM】

「サッカーでメシを食う」という夢に向かって、時には安定した終身雇用すらも捨てて歩み続けてきた昼田宗昭氏。93年Jリーグが発足した時に描いた「10年後にはJリーグで働く」という目標の実現を目指して、若者へのメッセージも数多く、ビジネスの世界においてもチームマネジメントという難しい仕事を成し遂げてきている。

  • サッカーで飯を食う!ヤンチャ坊主がGMになるまで
  • チームマネジメントと選手育成法

松山 文人松山 文人(まつやま あやと)

アスリート【トライアスロン選手】

6歳から競泳五輪選手を輩出した、名門「多摩川スイミングスクール」で水泳を始め「日本大学中学校」「日本大学高等学校」時代を競泳選手として活躍。86年からトライアスロンへ転向し、競泳出身の選手として活躍。国内の草分時代を数多くの大会に出場し、その多くを好成績で飾る。

  • 講演内容1
  • 講演内容2

次の 10 件>