「コーチング・ポジティブシンキング」の講師一覧

15 件の講師がいます。[1-10] を表示

次の 10 件>

講師の概要 主な講演内容

佐伯 美香佐伯 美香(さいき みか)

アスリート【元ビーチバレー日本代表】

バレーボール日本代表としてアトランタ五輪に参戦後、ビーチバレーに転向、シドニー五輪で4位入賞を果たし、結婚・出産を経験し現役復帰。北京五輪代表として活躍。各種講演、解説、後進指導で活躍中。

  • 夢をあきらめない!
  • 夢を叶える!
  • バレー人生で学んだこと
  • 夢を持てる子どもの育て方

飯田 覚士飯田 覚士(いいだ さとし)

指導者【ボクシング指導者】

愛知県名古屋市出身の元プロボクサー。WBA世界スーパー・フライ級王者に輝いた。岐阜経済大学経済学部在学中、バラエティ番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の企画「ボクシング予備校」に参加。甘いマスクで人気を博す。

  • 世界ボクシングチャンピオンから学ぶ成功哲学
  • 子供達のためのビジョントレーニング

小倉 勉小倉 勉(おぐら つとむ)

指導者【U-22日本代表コーチ(ロンドンオリンピック)】

教員の経験から、サッカー協会の強化担当を長らく歴任。各世代のアシスタントコーチを経験し、2009年より、岡田JAPANのアシスタントコーチとして、ワールドカップへ参戦。サッカー界屈指の育成・強化の達人!

  • ENJOY:今こそひとつに!
  • 長所から入れ!

昼田 宗昭昼田 宗昭(ひるた むねあき)

指導者【サッカー指導者、東京ヴェルディGM】

「サッカーでメシを食う」という夢に向かって、時には安定した終身雇用すらも捨てて歩み続けてきた昼田宗昭氏。93年Jリーグが発足した時に描いた「10年後にはJリーグで働く」という目標の実現を目指して、若者へのメッセージも数多く、ビジネスの世界においてもチームマネジメントという難しい仕事を成し遂げてきている。

  • サッカーで飯を食う!ヤンチャ坊主がGMになるまで
  • チームマネジメントと選手育成法

江尻 篤彦江尻 篤彦(えじり あつひこ)

指導者【元プロサッカー選手、U-15サッカー日本代表コーチ】

静岡県出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。現役時代は、サイドを突破しセンタリングでチャンスを広げるオフェンシブMF。90年代後半のジェフ市原ではリーダーとしてボジションバランスを調整する役割も担い、活躍する。その後ジェフユナイテッド市原の指導者として活躍。現、ジェフユナイテッド市原・千葉監督。

川勝 良一川勝 良一(かわかつ りょういち)

指導者【元プロサッカー選手、Jリーグ監督】

サッカー解説者、評論家。元日本代表選手。日本の「トップレベル」と「育成年代」両方での指導経験を持つ数少ない人材。テレビ解説、雑誌連載などで非常に実践的な指導育成、戦術論を展開する。イタリアを含め、海外での人脈も広い。

  • スポーツマンシップを育てるには
  • さまざまな角度からサッカーを楽しもう!
  • Jリーグ監督を経験して得たチームワークの大切さ~選手へ教えた事・選手から教えられた事

上野 敬裕上野 敬裕(うえの たかひろ)

指導者【陸上競技指導者】

07年4月、実業団時代のスタッフ、選手5人と共に陸上競技クラブチーム「和光アスリートクラブ」を創設。07年大阪世界陸上に代表選手を輩出、国際マラソン、国内主要マラソンに選手を送り込むなど大きな軌跡を残した。08年12月湘南トラッククラブ・インターナショナルを設立。自身の目標である「世界で戦える選手の育成」を目指し、活動をスタート。

  • 夢をあきらめない
  • どん底からはいあがれ!

遊佐 雅美遊佐 雅美(ゆさ まさみ)

アスリート【ライフセーバー】

中学・高校は陸上の選手として活躍。東京健康科学専門学校進学後にライフセービングを始める。ビーチフラッグスでは全日本ライフセービング選手権大会16連覇を始め、全豪選手権優勝1回、全米選手権優勝2回、世界選手権優勝3回を記録。近年は自転車ロードレース、カヌーなどにも挑戦している。

  • 【トークショー】

吉原 知子吉原 知子(よしはら ともこ)

アスリート【元バレーボール日本代表】

高校三年生で全日本代表となり、1992年バルセロナ、1996年アトランタ、2004年アテネとオリンピックへ3度出場。特に、アテネオリンピックでは、柳本監督の下、キャプテンとしてチームに貢献した。2006年に現役引退後は、バレーボール解説者を務めている。また2008年、東京オリンピック・パラリンピック招致委員へ就任、2009年からは筑波大学大学院へ入学し体育学を専攻するなど、講演・解説に加え多方面で活躍中。

  • 夢を諦めないこと~私のバレーボール人生~
  • チームプレーの大切さ
  • 勝利をつかむために必要なこと

小林 美由紀小林 美由紀(こばやし みゆき)

指導者【女子サッカー指導者】

アメリカに留学し、日米の女子サッカーの認知度のギャップに衝撃を受け、日本で女子サッカーを普及して行く事を決意。JFA女子インストラクターとして全国を回り、なでしこジャパン隆盛の礎を築く。日韓開催の2002年FIFAワールドカップでは、運営に携わる。生涯現役として、サッカーを続ける一方、指導者、運営者として、後進の育成に励んでいる。

  • サッカーの楽しみ方と簡単なルール
  • 女子サッカーはなぜ盛んになったか。

次の 10 件>